横浜の自宅のマンションで大規模修繕を体験しました

大規模修繕工事とはそもそもどんなものなのか

大規模修繕工事とはそもそもどんなものなのか : 作業員がいったりきたり、、、 : 大規模修繕は住民も準備をしなければならないので結構大変

私は横浜のマンションに住んでいるのですが、今年はじめて大規模修繕工事を体験しました。
大規模修繕工事とはそもそもどんなものなのかというと、約12〜15年に一度行われるマンション全体に及ぶ修繕工事のことです。
マンションに限らず、建物は年月を重ねるごとに劣化していきますが、この劣化を放置したままでいると状況が悪化して、補修などの費用が莫大なものになってしまいます。
さらに事故の原因になってしまうなど、生活に支障をきたす場合もあるのでそれらを防ぐために定期的に大規模な修繕を行うことになっています。
マンションは高層建築物なので、外壁が剥がれて落下し、歩行者にぶつかってしまう恐れもあります。
それも防ぐために外壁のチェックも行います。
他にもマンションの屋上やベランダなどの防水機能の劣化や機械設備、給排水管の設備も点検することになります。
戸建住宅であれば所有者の判断によって修繕を進めていくことになりますが、さまざまな人が住んでいるマンションの場合は、管理組合が中心になって修繕計画を進めていくという特徴があります。
このような大規模修繕がいよいよ私が住んでいるマンションにもやってきました。
私は幸いその年は管理組合の担当ではなかったので、指示通りのことをやっていけばいいので心の負担も軽かったです。